ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 17 view

ノーコードがおすすめの理由とは?活用方法や有名サービスを紹介

近年注目が集まるノーコードの開発ツール。しかし、何がそこまで便利なのか? そのメリットやおすすめの理由などについて、よく把握していないという方も多いのでは? そこで今回は、ノーコードの魅力や活用方法、有名サービスなどをご紹介します。

ノーコードはこんな人におすすめ!

ノーコードの特徴は、手軽さにあります。

たとえば、ノンプログラマーが優れたアプリのアイデアを持っていたとしましょう。この場合に考えられる選択肢は以下の4つでした。

  1. 自分でプログラムを勉強して、一から開発する
  2. 企画書を作り社内でプレゼンをして、開発にこぎ着ける
  3. 高額な費用を制作会社に支払い開発を行う
  4. 開発を諦める

このなかで最も実現性が高いのは(2)です。しかし、会社でアプリを開発し運用するとなると、ビジネスとしての成立や関係部署との調整など、さまざまな問題をクリアしなくてはなりません。また、自身のプレゼン能力も求められます。

一方、(1)はどうでしょう? 自分の空いたリソースを使って開発するのであれば、誰も文句は言わないはずです。しかし、プログラミング学習には多くの時間を要します。思いついたアイデアを形にできる頃には、その鮮度や情熱が落ちてしまうかもしれません。

ノーコード開発は、こうした「アイデアがあっても実現が難しい」といった方にこそおすすめのツールです。その名のとおり、コードが不要なのでプログラミングの勉強はほぼ不要。直感的な操作で、簡単にアプリなどが開発できます。

気になる利用料金も、(3)のような制作会社への依頼に比べれば格段に安く、ミニマムなものであれば無料で使えるものも少なくありません。思いついたアイデアを、お金をかけずにさくっと形にできる……これこそが、ノーコード開発のメリットであり魅力です。

ノーコード開発が活用される場面とは?

ノーコードは、これまでプログラミングの経験がなかった人でも利用できることが魅力です。同時に、開発コストの低さや時間の短さも大きなポイント。それを踏まえて、活用の場面を考えてみましょう。

まずはプログラミング技術がないものの、アイデアがある人がノーコードでアプリを開発し、ビジネスに生かすというシチュエーションです。ユーザーに対して提供するアプリはもちろん、データの処理やバックオフィスに自作アプリを使う、といった活用方法が考えられます。

次に企業での活用方法です。まずはアプリ開発の仮説検証。トライアンドエラーを繰り返す場面では、“とりあえず”でも形になりやすいノーコード開発が非常に有用です。また、プログラマー不在でも開発を行えるので、ディレクターが自由に内容を変更できるのも魅力でしょう。また、アイデアとしては優れているものの、市場が小さいなどの理由で開発に進めなかったサービスの実現などにもノーコードが適しています。

ノーコードはプログラマーの仕事を奪う?

プログラミング・ コーディング 不要でアプリが開発できるノーコードツール。ただし、これはプログラマーの仕事を奪うようなものではありません。

多くのノーコードツールは、テンプレートを基盤にシステムを組み上げていきます。もしくは、あらかじめ用意された機能(部品・パーツ)を組み合わせるといった流れです。この方法には開発のスピードを格段に上げてくれる反面、細かな調整に限界があるというデメリットがあります。

一方、プログラマーが作ったアプリやサイトは、細部にまでこだわっています。また、ノーコードでは実装が難しい複雑なアルゴリズムも数多く存在します。

ユーザーが満足できるプロダクトに仕上がれば問題なし

プログラマーが作り上げるプロダクトは、クライアントと密接な打ち合わせを行いながら、丁寧に組み上げられたものです。内容について細かく吟味され、完成度も非常に高いと考えられます。

一方、ノーコードはテンプレートなどを利用してサクサクと開発が進められる点が魅力です。その意味で言えば、ある程度大雑把な仕上がりともいえるでしょう。

サービスやシステムという意味では、どちらが悪いということはありません。必要な機能が備わっていて、ユーザーが満足できるのであれば、方法はどちらでも構わないのです。そのような意味でも、プログラミングは今後も使われ続けるため、ノーコードツールが活用される場面も増え続けるといえるでしょう。

おすすめのノーコードサービス3選

近年注目が集まるノーコードサービス。以下では、そのなかでも有名な3つをご紹介します。

Glide

Glideのトップページ
画像:www.glideapps.com

仕事で使い慣れている方も多い Googleスプレッドシート やExcelを データベース にして開発できるノーコードサービス。バックエンドの仕組みが理解しやすくなるため、アプリ開発初心者の方におすすめです。また、テンプレートも豊富に用意されているので、「ノーコード開発がどんなものか体験してみたい」という方にも最適。

Adalo

Adaloのトップページ
画像:www.adalo.com

「GUIによる、より直感的な開発」が魅力のAdalo。イメージとしては、PowerPointのような操作感でアプリのデザインやレイアウトを組むことができます。アプリの使い勝手や見た目をしっかり整えたいという方におすすめ。なお、幅広いプラットフォームに対応してる点も魅力の一つです。

Bubble

Bubbleのトップページ
画像:bubble.io

自由度の高さが魅力のBubble。より細かな設定ができるので、一歩進んだノーコード開発を実現できます。なお、 プラグイン を導入すれば、より高度な機能の実装も可能。ノーコードでありながらも、本格的な開発が可能です。

まとめ

ノーコードはプログラミングが不要という特徴があり、それが開発の時間短縮・費用削減というメリットを生みだしています。スピーディーな開発や検証、ニッチなビジネスへの展開など、活用される場面が今後さらに増えていくでしょう。一方で、細部の実装には限界があるので、その点については従来通りのプログラミングが必要であることも覚えておきたいところです。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP