ノーコード情報満載!

  1. ローコード
  2. 83 view

ローコードはアプリ開発の強い味方!無料ツールや作り方を紹介

今日においてローコード開発は、あらゆる分野の開発現場において有効な方法と言えるでしょう。今回は、ローコード開発の魅力や無料ツール、一般的なアプリ開発方法についてお話しします。

すべての開発担当者におすすめできるローコードでのアプリ開発

パーツや機能群、テンプレートを使用してアプリを簡単に構築できるローコード開発。一般的な開発ではプログラミングの知識が求められますが、ローコード開発は少しの知識でアプリを完成させられます。現場において、ローコード開発はどのように受け入れられているのでしょうか。

ローコード開発ツールの代表的なユーザーといえるのが、プログラミングの経験が浅い人です。しかし、コードの知識が不足していてもアプリを開発し、企業で開発者として活躍できるようになりました。ローコード開発をきっかけに、アプリ開発への意識が変わったというケースもあります。

また、有識者にとってもローコード開発は概ね好意的に受け入れられているようです。コードを書く作業を省けることで、効率化につながるためです。有効活用によって、 リリース までの時間を短縮することもできます。

コードを書くこと自体が好きな人や、プログラミングを専業としている人の間では否定的な意見もあります。しかし、「コード開発が身近に、簡単になる」という点では、すべての開発者におすすめできると言えるでしょう。

ローコード開発が特におすすめのアプリの特徴

以下のようなアプリの開発ではローコードが特におすすめです。

予算がない

ローコード開発の特徴としてコストがかからない点が挙げられます。ローコード開発ツールの多くは、安価で導入可能です。無料で利用できるツールもあります。

また、既存の人材を開発担当にできるため、育成や採用のコストも軽減可能。開発を内製でき、アウトソーシングする必要がないという点でもローコストです。こうした理由から、一般的なアプリ開発と比較して、大幅にコストを削減できます。

迅速にリリースしなければならない

リリース しなければならないタイミングや運用開始したいタイミングが迫っている場合も、ローコード開発がおすすめです。テンプレートやパーツの組み合わせによってアプリを開発するため、開発期間を大幅に短縮可能です。それぞれのパーツは動作が保証されるため、テストの手間もかかりません。

開発経験がない人材でも簡単にアプリを完成できますが、経験がある人材が効果的に活用すればさらにそのメリットを体感できるでしょう。

ローコードの無料ツールを紹介

前述の通り、ローコード開発は低コストで利用できる点が大きな魅力です。多くの事業者が無料の試用版を提供しています。また、さらにコストを下げたい場合は、制限なしで無料使用できるツールを選ぶのもおすすめです。以下では、代表的な無料ツールをご紹介します。ただし、事業者のサービス形態が変わるケースもある点に留意してください。

iPLAss

iPLAssのトップページ
画像:iplass.org

「iPLAss」は、スピーディーに開発できる点が評価されているローコード開発ツールです。主に、新規事業の立ち上げ時に使用するシステムの 開発プラットフォーム として活用されています。 Webアプリモバイルアプリ の双方に対応している点も特徴です。

Open Lowcode

OpenLowcodeのトップページ
画像:openlowcode.com

「Open Lowcode」は、財務アプリ、タスク管理アプリ、データ処理アプリ、セキュリティ管理アプリ、ワークフローアプリなど、ビジネスユースに適したアプリを簡単に開発できるローコードツールです。既に多くの企業で導入され、業務効率化に貢献しています。操作も簡単で、開発スピードに関しても申し分ありません。

プリザンター

プリザンターのトップページ
画像:pleasanter.org

「プリザンター」は、機能制限のないバージョンを無料で、さらに無期限で利用できることから、コストを削減したい企業におすすめです。 ドラッグ&ドロップ でアプリを構築できるため、非IT人材でも問題なく使用できます。プログラミングでアプリ開発する場合と比較して、工数を約3分の1に削減可能です。

ローコードでアプリを作る流れ

ローコードでアプリを作る一般的な流れをご紹介します。

メイン画面作成

まずは、メイン画面の作成を行います。ユーザーに読ませたいテキストや、クリックしてアクションが起こるボタンなどを設置してください。

機能配置・挙動設定

続いて、設置した要素に機能や挙動を割り当てていきます。ローコード開発ツールでは、既に割り当てられる機能が用意されているため、プログラミングをする必要がありません。多くのツールでは、ビジネスユースを意識した機能が搭載されています。

動作確認

最後にアプリの動作確認を行います。ローコード開発ツールはそれぞれのパーツの動作が保証されているため、不具合が起こるケースはまれです。

まとめ

プログラミングに強いこだわりがなければ、ローコード開発ツールは現場にとって役立つ存在となるはずです。IT人材・非IT人材の双方にとって有益な存在と言えます。まずは、試用版でローコード開発ツールの利便性を確かめてみてはいかがでしょうか。

ローコードの最近記事

  1. PEGAの業務効率化とは?メリットやデメリットについて解説

  2. Webアプリの自動生成ツール「Web Performer」とは?

  3. ローコード開発ツール「GeneXus」で業務効率化を実現しよう!

  4. Claris FileMakerなら他部署の情報共有で業務効率向上が実現可能!

  5. Mendixの使い方は簡単!基本から理解するためのポイントまとめ

関連記事

PAGE TOP