ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 73 view

ノーコードでアプリ開発ができる「Adalo」を紹介

「Adalo」は、専用の環境やプログラミング知識がなくてもアプリ作成が可能となるノーコードツールです。個人でアプリの開発を行いたいときなどには、Adaloが便利に使えるでしょう。ここではAdaloの基本的な特徴と、ノーコードツールの使い方の流れを解説します。

ノーコードでアプリ開発が行えるAdaloとは?

Adaloのトップページ
画像:www.adalo.com

Adaloとは、 コーディング をせずにアプリ開発が行えるノーコードツールです。アプリ開発の経験や知識がなくても問題なく、ストアで配信されているような本格的なアプリケーションを作成・ リリース できます。

Adaloはフリーで利用できる無料プランがあるので、まずはお試しでアプリ開発を進めることも可能です。個人でアプリ開発の経験を積みたいときは、ノーコード開発ツールであるAdaloの活用が推奨されます。

Adaloでのアプリ開発の特徴・メリットとは

Adaloでアプリ開発を行うことには、さまざまなメリットがあります。それぞれの特徴を紹介するので、開発に導入することをシミュレートしてみてください。

Webアプリとネイティブアプリの2種類を作れる!

Adaloは、 Webアプリ とネイティブアプリ(AppストアやGooglePlayストアでインストールできるアプリ)の2種類を開発できるのが特徴です。

Webブラウザ上で動作するアプリケーションだけでなく、有料プランを利用することでスマホやタブレットにインストールできる モバイルアプリ も作成できます。もちろん、どちらもプログラミング知識が必要ないノーコード開発が可能なので、スムーズに作成を進めることが可能です。

直感的な操作でアプリ開発が進められる

Adaloは、直感的な操作でアプリ開発が行えるので、イメージした通りの構成を実現しやすいのもメリットです。基本的な操作は、ドラッグとドロップだけで完結するため初めて利用する人でも簡単にアプリ作りを実践できます。

ノーコード開発ツールらしいシンプルな使い心地が魅力のツールなので、Adaloをきっかけにアプリのアイデアを形にしてみるのもおすすめです。

テンプレートを使ってスムーズなアプリ開発が可能!

Adaloには複数のテンプレートがあらかじめ備わっているため、事前準備がなくても凝ったデザインのアプリ開発が行えます。テンプレートを軸にして、アプリのコンセプトに合わせた色合いに変更したり、画像を差し替えたりするだけでも自分らしいデザインを演出できます。

まずはテンプレートでアプリ開発のコツをつかんでから、本格的な制作にチャレンジすることも考えられるでしょう。

経験がなくてもアプリ開発が可能!

Adaloの開発環境は特別な知識を必要としないので、プログラミングが未経験でもアプリ開発ができます。実際にアプリ開発をしながら勉強することができるので、実績作りと学習が効率的に行えるのがメリットです。

これからアプリ開発を学ぶ人や、IT業界への転職に挑戦する人は、Adaloでの学習が目標達成への近道になるかもしれません。効率良くアプリ開発を学ぶ方法を探しているときには、Adaloの利用がおすすめです。

Adaloで実際に開発されたアプリとは?

Adaloはアメリカで作られたノーコード開発ツールですが、既に日本国内でも多くの利用実績があります。以下では、Adaloを使って開発されたアプリの事例を紹介します。

SmartDish

SmartDishは、Adaloで開発されたモバイルオーダーアプリです。アプリから事前に注文と会計を済ませておくことができるので、お店に到着後すぐに食事をはじめることができます。

SmartDishは、開発スタートから検証・ リリース までの期間がわずか2ヶ月だったという点でも注目のアプリです。スピーディに結果を出すことができたAdaloの事例として、SmartDishはとても参考になるといえるでしょう。

SPOTTO

SPOTTOは、日本で初めてノーコードアプリの買収事例として有名なアプリです。内容はオンラインで行える就活プラットフォームとなっていて、説明会や面接などをアプリから進められます。コロナ禍における新しい就活の形として注目されているので、今後はSPOTTOのようなオンラインでの就活スタイルが主流になるかもしれませんね。

Adaloを使ったアプリの開発方法とは?

Adaloを使ってアプリを開発する手順は、以下のような流れで行えます。簡単なステップで リリース まで進められるので、手始めに開発予定のアプリをAdaloで形にしてみましょう。

まずはAdaloに登録を行う

Adaloを使うためには、まず会員登録を行わなければなりません。Adaloの公式サイトにある「SIGN IN」をクリックし、メールアドレスとパスワードを入力します。するとメールアドレスにAdaloから確認用のメールが届くので、内容を確認してログインを行いましょう。

有料プランに入ることも可能で、Pro Planが50ドル/月、Business Planが200ドル/月となっています。(2021年3月時点)

Webアプリとネイティブアプリのどちらを開発するか選択

登録してアプリを開発するには、いくつかの項目で初期設定を終了させる必要があります。まずプラットフォームの項目で、Webアプリとネイティブアプリのどちらを作成するのかを決めます。

選択後は、テンプレート選びに入りアプリのイメージに近いものをピックアップしましょう。最後にブランディングの項目で、アプリの名前やカラーの配色を決めます。以上で、Adaloにおける初期設定が完了です。

エディタ画面でアプリの詳細設定をする

初期設定の完了後はアプリが自動で生成され、エディタ画面に移行します。エディタ画面ではいくつかの機能を使って、アプリの中身を設定することが可能です。

機能の追加は「コンポーネント」からパーツを選んで、ドラッグ&ドロップするだけ。ボタン、リスト、フォーム、画像などのパーツがあり、必要に応じて追加できます。スピーディな開発を重視するときには、複数のパーツがまとめられているスクリーンコンポーネントを使えば、統一感のあるアプリデザインを簡単に作れます。

その他エディタの画面では、以下のような項目からアプリの詳細を設定できます。

・Database Collectoins:パスワードやユーザーネームの設定

・Settings:アプリ名や説明、アイコンなどを設定

・Branding:背景色やテキストカラーなどの設定

・Screen:ホーム画面やログイン画面、新規のスクリーンの追加

・Publish:公開設定

開発中のアプリは「PREVIEW」のボタンを押すことで、開発の進捗状況の確認を行うことができます。こまめに確認しながら修正ができるため、完成後に大きなミスが見つかるといったリスクを軽減できるでしょう。

まとめ

Adaloは、ノーコード開発ツールとして利用者に多くのメリットをもたらします。プログラミングの経験がなくてもアプリ開発を行えるので、特別なアイデアがある場合にはAdaloを使ってコンテンツを作成し、自分の実績としてみるのもおすすめです。この機会にAdaloの特徴や使い方を確認し、実際にノーコードでのアプリ開発を体験してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も読まれています。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP