ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 23 view

ノーコードでWebサイト開発ができる「Carrd」を紹介

ノーコードで Webサイト を開発できるツール「Carrd」。シンプルで使いやすいノーコード開発ツールなので、これからプログラミングを学んでいく人でも使いやすいでしょう。今回はCarrdの基本的な情報と、Webサイトを開発するための使い方を紹介します。

ノーコードでアWebサイト開発が行えるCarrdとは?

carrdのトップページ
画像:carrd.co

Carrdは、ノーコードで Webサイト を開発できるツールです。ノーコードとは、「プログラミング言語を使用せずに開発する」ことを指していて、ノーコードの開発ツールであれば誰でも簡単にWebサイトやアプリケーションを作成できると高く評価されています。

ノーコード開発ツールは、エンジニアとして働いている人が作業工数を減らしたり、テストとして利用したり、様々な使われ方をしています。一方で、これからプログラミングを学習する人がWeb開発の感覚や手順を把握するための、気軽に始められる練習ツールとしても利用価値があるでしょう。

特に、Carrdのようなシンプルさが重視されているノーコードツールは、プログラミングが未経験の人でも抵抗なく取り組むことができます。CarrdをきっかけにWebサイトの開発方法を確認し、その後本格的なプログラミングを学んで経験を積んでいくキャリアプランも考えられるでしょう。

CarrdでWebサイト開発を行うメリット・特徴とは

「Carrdを使うメリットは何か?」と疑問に思うかもしれません。Carrdには他のノーコード開発ツールにはない特徴があり、それは独自のメリットに繋がっています。以下でCarrdならではのメリットを紹介するので、ぜひ内容をチェックしてみてください。

非常にシンプルな構成が特徴

Carrd最大の特徴は、シンプルな機能性です。複雑な操作やスキルを必要とする機能が殆どないため、スムーズにWebサイトの開発を進めることができるでしょう。

コーディング が不要なので、複数のテンプレートを使うことで簡単にWebサイトを構築できます。既にある程度完成されたWebサイトの形を編集するだけで自分らしいWebサイトの開発が可能なので、スピーディに作業を進められるのがポイントです。

無料プランからお試しができる

Carrdの利用は基本的に無料なので、コストをかけずに始められるのもメリットです。無料であっても、PCやスマホごとに合わせた画面サイズで開発ができるレスポンシブデザインの対応や、各種ウィジェットの追加、 HTMLCSS などを使ったカスタム機能等が利用可能です。

様々な機能を使ってWebサイトを装飾できるので、自分のアイデアを具体的な形にしやすいといえるでしょう。

オプションで魅力的な機能の追加も可能

無料プランだけでもCarrdの機能が充実していますが、必要に応じて有料プランのオプションを追加すれば、さらに魅力的なWebサイトを開発することも可能です。なお、有料プランを契約すると、以下のような機能を利用できます。

  • カスタムドメインの利用
  • 有料限定のテンプレートの開放
  • 各種フォームをWebサイトに追加
  • グーグルアナリティクスによる解析
  • 別サービスのウィジェットを導入(Stripe、PayPal、Gumroad、Typeformなど)
  • Made with Carrdのクレジット表記を非表示に設定
  • 最大16MBの画像とGIF、最大32MBの動画を掲載
  • アドレスバーにサイトアイコンを表記

など

これらの機能を使うことで、より本格的なWebサイトに仕上げることができます。

Carrdの有料プランには、プロライト(9ドル/年)、プロスタンダード(19ドル/年)、プロプラス(49ドル/年)の3種類があります。

高額なプランほど利用できる機能や、アカウントが開発できるWebサイト数が増えます。

Carrdで実際に開発されたWebサイトとは?

Carrdを使って実際に Webサイト を開発した事例は、日本国内でもいくつか確認できます。

GIZMODO JAPAN

デジタルテクノロジーの情報サイトとして展開しているGIZMODO JAPANでは、Carrdを使ってWebサイトを開発した事例を紹介しています。実際の開発風景も紹介されているので、Carrdを利用する際には参考にできるでしょう。

Manabu Bannai

有名ブロガーであるマナブさんも、Carrdを使ってWebサイトを開発した事例を紹介しています。Carrdを使って簡単なポートフォリオサイトを5分程度で開発したそうです。

Carrdを使ったWebサイトの開発方法とは?

Carrdを実際に使ってWebサイトを開発する手順は、非常にシンプルです。以下で基本となる開発方法を確認し、実際にCarrdを使って簡単なWebサイトを開発してみましょう。

Carrdは登録をしなくても使える!

Carrdは公式サイトに登録してから使い始めることもできますが、お試しで使うだけなら「Choose a Starting Point」のボタンをクリックするだけで使用感を試すことができます。ノーコードの開発を少しだけ体験してみたいという場合には、登録しないで気軽に使ってみることもおすすめです。

アカウントがない状態だと編集ができますが、開発したWebサイトの保存ができません。実際に開発したWebサイトを使いたい場合には、公式ホームページの「Log In」からメールアドレスやパスワードを設定して登録をしましょう。

テンプレートを選んで編集を行う

CarrdのWebサイト開発では、まずテンプレートを選択してから編集を行います。無料の場合には利用できるテンプレートが限られるため、選択の際には注意しましょう。

テンプレートの詳細は、「Demo」のボタンを押すことでデモサイトをチェックできます。「Select」ボタンを押してテンプレートを選ぶと編集画面に移行するので、タイトル、トップ画像、テキストボックス、アイコン、SNSボタンなどを自由に設定しましょう。

公開設定を行う

Webサイトとしての形ができあがったら、「Publish」画面からサイト名、URLなどを設定します。最後に「Publish」ボタンを押して、Webサイトを実際に公開しましょう。僅かこれだけのステップで、オリジナルのWebサイトを開発してネット上にアップできます。

まとめ

Carrdは、シンプルかつ気軽に使えるノーコード開発ツールです。プログラミングの経験が全くなくても、問題なく全ての機能を利用できるので、まずは無料で試してみると良いでしょう。少しでも Webサイト 開発に興味がある方は、本記事で紹介した事例や手順を参考に、 コーディング をしない開発方法を体験してみてはいかがでしょうか。

その他の開発ツールが気になる方はこちらの記事もチェック!

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP