ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 92 view

ノーコードでアプリ開発ができる「Thunkable」を紹介

「Thunkable」は、ノーコードでアプリを開発できる便利なツールです。未経験からでも本格的なアプリ開発が行えるので、今後の実績作りや勉強のために役立ちます。ここではThunkableの特徴やメリットの解説と、基本的な使い方を紹介します。

ノーコードでアプリ開発が行えるThunkableとは?

Thunkableのトップページ
画像:thunkable.com

Thunkableとは、ノーコードでアプリ開発が行える魅力的なツールです。ノーコードツールなので、プログラミングの知識や技術がなくても自由にアプリ開発が行えます。エンジニアとして働くことを目指す方で、まだ本格的な知識がないという方は、Thunkableでアプリ開発の基本を学ぶこともおすすめです。

ThunkableはiOSアプリとAndroidアプリの両方を作成できるので、両方のストアに リリース できます。将来的にアプリを開発していくなら、iOSとAndroidの両方のプラットフォームを使いこなせる方が活躍しやすいといえます。Thunkableを軸にノーコードでのアプリ開発を行い、実際にリリースするまでの流れを体験してみてはいかがでしょうか。

Thunkableでのアプリ開発の特徴・メリットとは

ノーコードでアプリ開発が行えるツールはいくつかありますが、ThunkableにはThunkableならではの特徴・メリットがあります。以下でThunkableの魅力を解説しますので、なぜこのツールがおすすめされるのかを確認してみてください。

視覚的にわかりやすいアプリ開発が可能

Thunkableは、ドラッグ&ドロップとアプリのシステムとなる「ブロック」を積み重ねるだけで、簡単にアプリ開発を行えるという特徴があります。

ドラッグ&ドロップができるパーツには複数の「コンポーネント」があり、ボタン・テキスト・リストなど、あらゆる機能をアプリに追加できます。コンポーネントには、音声・画像・ UI など幅広い種類があり、それぞれサイズや書式を変更してオリジナリティを追求することが可能です。

また、テンプレートもたくさん用意されているので、初心者でも簡単にアプリを作り上げることができるでしょう。

アプリの細かいプログラミング部分も、ブロックと呼ばれる要素を組み合わせることで簡単に開発できます。ブロックは色分けによって見やすく整理されているので、視覚的に内容を確認しやすくなっています。

直感的な操作でアプリの中身を変更・追記していけるため、実際に感触を確かめながらアプリ開発を進められるでしょう。これら全ての開発経緯がノーコードによって実施できる点は、Thunkableの最大の魅力です。

無料でアプリ開発ができる

Thunkableには無料プランが用意されているので、まずはノーコストからノーコードでのアプリ開発が行えます。無料プランは公開プロジェクト数が限られていたり、ストレージ容量が200MBまでといった制約がありますが、基本的な使い方は有料プランと変わりません。

ただし、無料プランだと開発したアプリがWeb上のギャラリーに公開されてしまい、誰でもコピーできます。また、iOSやAndroidなどのネイティブアプリとして リリース することもできないので、必要に応じて有料プランへの変更を検討してみましょう。Thunkableの有料プランは、月額21ドルからとなっています。

充実したチュートリアル

Thunkableは、チュートリアルが充実しているので操作方法が簡単に理解できるのも特徴となっています。チュートリアルは英語ですが、YouTube動画で公開されているため実際の動きがわかりやすいでしょう。Thunkableの開発ツール上でポップアップ表示もできるので、チュートリアル動画を見ながらアプリを開発することもできます。

初心者こそ使うべきノーコードツール!

Thunkableは、プログラミング初心者でも使いやすいノーコードツールなので、「とりあえずアプリを作ってみたい」「アプリ開発の勉強をしたい」といった人におすすめできます。

1からアプリの開発を目指す場合、完成までに時間がかかるためにモチベーションが下がり、継続した勉強が難しくなることもあるでしょう。その点、ノーコードツールのThunkableであればスピーディーにアプリを完成させられるため、開発の面白さを実感しやすく、楽しみながら学んでいくことができます。

アプリ開発の知識がゼロでもアプリを作れるため実績作りにも役立ち、将来IT関係の仕事に就職・転職する際の武器にもなるかもしれません。

Thunkableで実際に開発されたアプリとは?

Thunkableは世界中に利用者がいるため、これまでにさまざまな開発事例が報告されています。以下ではその一部を紹介しますので、どのようなアプリがThunkableによって生み出されているのかを確認してみてください。

Veggie Alternatives

ヴィーガンの人たちが食事の調理法や食品店の情報をシェアするアプリです。アプリの製作者は14歳で開発に着手し、17歳のときにはアップルストアで リリース が認められるという結果を残しています。プロとしてプログラミング制作の経験がない人でもアプリ開発が行える事例として、参考にできるでしょう。

Bloom

こちらも14歳の少年がThunkableでノーコードで開発したアプリです。学校の課題確認や画像共有を行えるポータルサイトで、生徒と先生のコミュニケーションの場としても使われています。

Thunkableを使ったアプリの開発方法とは?

Thunkableを使ってアプリ開発を行うには、以下の手順が参考になります。基本的な流れを確認し、Thunkableのアプリ開発の準備を進めてみましょう。

Thunkableに登録する

まずは、Thunkableの公式サイトで登録を行います。メールアドレスを使うほか、GoogleアカウントやApple IDでもサインアップが可能です。続いて「Download the Thunkable Live app」という開発状況を確認できるアプリをスマホにダウンロードし、「Got it」を押して登録を完了させます。

ログインしてアプリ開発をはじめる

Thunkableにログインするとダッシュボード画面が表示され、さまざまなアプリの閲覧やコピーが可能となります。新規アプリの開発をするには「Create New App」をクリックして、開発画面に移行します。「Design」タブでアプリの見た目の整備やコンポーネントを追加し、「Blocks」でプログラムを変更します。

作成したアプリをテストする

アプリの開発が完了したら、「Live Test」をクリックして動作の確認を行います。実際の動きを確認しつつ、修正や機能の追加を行うことで、よりアプリの完成度を高められるでしょう。

まとめ

Thunkableはノーコード開発ツールとして、誰でも気軽にアプリ開発が行える環境を提供しています。アプリ開発を経験したことがない人や、プログラミングスキルがない人でも、オリジナルの モバイルアプリリリース できるのが魅力です。 この機会にThunkableによるノーコードの開発方法を確認し、アプリ開発の流れをその手で経験してみてはいかがでしょうか。

その他の開発ツールが気になる方はこちらの記事もチェック!

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP