ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 74 view

ノーコードでWebサイト開発ができる「Webflow」を紹介

Webflowは、ノーコードでの Webサイト 開発が行える便利なツールです。Webflowを使うことで、プログラミング初心者であってもWebサイトの開発に挑戦することができます。ここではWebflowの特徴やメリットと、実際の使い方を紹介します。

ノーコードでWebサイト開発が行えるWebflowとは?

webflowのトップページ
画像:webflow.com

Webflowは、2013年にアメリカで誕生したノーコード開発ツールです。ノーコード開発ツールとは、プログラミング言語による本格的な コーディング がなくても、本格的な Webサイト を開発できるツールやサービスを意味します。世界中で100万人を超える利用者がいるというWebflowは、日本でも有名になってきている開発ツールの1つです。

Webサイトやアプリの開発には、一般的にプログラミングコードを書くスキルが必須であるといわれています。しかし、Webflowのようなノーコード開発ツールを使うことで、プログラミングの初心者でもある程度のITコンテンツを開発することが可能になります。

HTMLCSS の知識はある程度インプットしておく必要がありますが、プロのエンジニアでなくても開発業務に挑戦できるのが、Webflowの魅力になります。

WebflowでWebサイト開発を行うメリット・特徴とは

Webflowには魅力的な機能が備わっているため、 Webサイト 開発に利用することで多くのメリットが得られます。以下ではWebflowの特徴と、利用時におけるメリットを見ていきましょう。

ドラッグ&ドロップによる直感的な操作性

WebflowでWebサイトを開発するときに必要とされるのは、主にマウスを使ったドラッグ&ドロップです。「Elements」や「Layouts」といった各種項目からWebサイトに導入したい機能を選択し、好きなように配置することでWebサイトを構築できます。直感的にWebサイト開発が行えるので、さまざまな機能を実装できるでしょう。

操作に慣れてくれば、 CMS の導入やECサイトの開発なども実践することができます。Webflowを応用できるようになれば、より本格的な利用も視野に入れることもできます。

豊富なテンプレートを使って簡単にWebサイトを作成!

Webflowには多くのテンプレートが備わっているので、それらを下地に使って自由にWebサイトを開発できます。おしゃれで実用性の高いテンプレートが豊富なため、イメージに近いものを見つけやすいのが特徴です。

テンプレートを主軸にそのまま使ったり、テンプレートを参考に自分のアイデアを発展させていったりと、使い方は自由自在です。「Webサイト開発をしてみたいけど、デザインを考えるのが難しい」という人でも、Webflowのテンプレートがあれば本格的な開発に着手できるでしょう。

ソースコードが確認できるのでプログラミングの勉強に使える!

Webflowは、作成したWebサイトのソースコードを出力して確認できるので、プログラミングの勉強にも使えます。実際に HTMLCSS のコードがどのように記述されているのかを見ることは、自分自身でプログラミングを始めるきっかけにもなるのではないでしょうか。

このように、Webflowはプログラミング初心者にとってメリットが大きいといえるでしょう。これからエンジニアへの就職や転職を目指す人にもおすすめできます。

Webflowで実際に開発されたWebサイトとは?

Webflowは海外産のノーコードツールですが、既に日本でも多くの開発事例があります。実際にWebflowがどのような Webサイト 開発に用いられたのかを、以下で紹介します。

Dell

パソコンメーカーとして世界的に有名なDellは、Webflowを使っての作業を行っています。Webflowはプログラミングができないデザイナーでも簡単にWebサイト作成が行えるので、デザイナーとプログラマーの意思疎通が容易になったそうです。チームで動く必要のある企業のWebサイト開発シーンにおいても、Webflowは有効なツールになっているのでしょう。

楽天

日本でおなじみの企業である楽天も、Webflowを利用している事例として取り上げられています。セキュリティの向上や新規ユーザーの増加、コストの削減などが実現できたそうです。

このように、企業にとってもノーコード開発ツールには多くのメリットがあることがわかります。個人単位でWebflowを扱えるようになっておくことは、エンジニアやデザイナーとしての将来にもつながるといえるでしょう。

Webflowを使ったWebサイトの開発方法とは?

Webflowを使って Webサイト を開発する方法は、以下のようにシンプルな内容になっています。それぞれの詳細を確認し、実際にWebflowでWebサイトを開発してみましょう。

まずはアカウント登録

Webflowを使いはじめるには、まず公式サイトにアクセスして「Get started」から無料登録を行います。メールアドレスとパスワードを設定するほか、Googleのアカウントからでも登録可能です。「Continue」をクリックしていくつかの項目に答えたあと、チュートリアルが紹介されるので内容を確認してください。

ちなみに、Webflowは有料プランに変更することもできます。

「Site plans」と「Account plans」の2パターンの中からいくつかのプランを選べるので、将来的には有料プランに変更してより多くの機能をノーコードで使ってみることもおすすめです。

管理画面で+ New Projectを選択

Webflowの登録後、専用の管理画面に移行したら「+ New Project」のボタンをクリックすることで新規の開発プロジェクトを作成できます。プロジェクトを立ち上げるとエディタ画面が利用できるようになり、実際のWebサイト開発を始められます。

機能にはそれぞれアイコンがついているので、慣れてくれば開発速度をアップさせていくことができるでしょう。あとは自由にWebサイトを開発して、「Publish」ボタンを押してアップロードすれば完成です。

まとめ

Webflowは、ノーコードで Webサイト を開発できるツールとして、今後も注目を集めることが予想されます。ある程度の HTMLCSS の知識が必要であったり、日本語対応ではないためわからないことを調べるのが難しい場合もありますが、その機能性はプログラミング初心者にもメリットを与えてくれるでしょう。この機会にWebflowの使い方を確認し、ノーコードでのWeb開発を体験してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も読まれています。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP